低金利で運用難?生命保険会社が貯蓄保険の販売停止

長期金利が低下し、運用利回りを得にくくなった為に
貯蓄タイプの生命保険の販売を中止したり、保険料を
上げたりすると言う動きが最近広がってきてる様です

貯蓄タイプの保険とは、保障よりも貯蓄に重きを置く
生命保険商品で、養老保険、個人年金保険、終身保険
など有ります

最近、明治安田生命保険や第一生命保険などが一部の
販売を止めたのに続きまして、富国生命保険は一時払い
の養老保険と定額年金保険の販売休止の検討に入ったと
言う報道がされています

特に販売停止が相次ぐのが、保険料をまとめて一時払い
する商品で、終身タイプのものでは無く、ある期間のみ
運用するタイプのものが該当します

今までは生命保険会社の保険商品が、銀行預金に代わる
個人マネーの受け皿として脚光を浴びていたのですが
ここにも金利低下の影響が及んできたと言う訳です

預金の金利がゼロ近辺に張り付く中で、課税強化された
相続税対策としても人気がある一時払いの貯蓄型保険は

今後、逆風の中、予定利率の見直しや保険料を上げる
生命保険会社が続出する見通しだそうです






オーストラリアドル