ビジネスマン向けの本でおすすめの必読書籍とは?

できるビジネスマンが読んでいる「若いうちに読むべき本」
TOP5!

先日ヤフーのポータルサイトを眺めていると、こんな内容
のトピックで記事が紹介されていましたのでここでも紹介
しておきますね


      スポンサードリンク


平均年収1000万円のビジネスマンは一体どんな本を読んで
どの様に情報収集しているのか?

株式会社ビズリーチが、30代以上の一般ビジネスパーマン
1,459人(平均年収974万円)を対象に行った

「20代のうちに読むべき本」についてのアンケート調査で
判明した「若いうちに読むべき本」TOP5とは

第5位:『論語』孔子

実用書やマニュアルに書かれた情報を判断し、使いこなす
ためには考え方の土台となる社会構造や時代背景、文化を
知るならやはり古典

第4位:『ザ・ゴール』エリヤフ・ゴールドラット

小説でありながら実践的な会計情報の扱い方や“効率化”の
陰に隠された諸問題、複雑な業務改善のノウハウを得る事
ができることからビジネスパーソンやマネジャー必読の本
と言われています

第3位:『人を動かす』デール・カーネギー

ビジネスは人と人とのコミュニケーション。人を大切にし
また愛される人や企業が成功を手にするものですよね
人それぞれ考え方や接し方が異なりますから自己流で多く
の人と接していると、気づかぬところで思わぬ失敗をして
しまいがちに

第2位:『マネジメント』ピーター・F・ドラッカー

とにかくわかりやすい! 読みやすい! と、マネジメント
を学ぶ際の入門書として多くの人に活用されています

第1位:『7つの習慣』スティーブン・R・コヴィー

成功を収めるビジネスマンが強くすすめる1冊は7つの習慣
人は選択次第ではどんなふうにも未来を変えることができ
そのための行動はシンプルであると言うことを衝撃と共に
教えてくれる1冊

勿論書籍にしても何にしても、其処から得られる情報等が
自身に役立つかどうかは自分次第ですし

学びが有る物、共感を得る物も有れば、必ずその反対の物
も有ると思います

読書には時間が掛かる!と言う事で敬遠される方も中には
いらっしゃるかも知れませんが

就寝前の少しの時間や通勤時間、休み時間など、ちょっと
した隙間時間を見つけられて

良かったらあなたも一冊手に取ってみては如何でしょう?


      スポンサードリンク






オーストラリアドル