脳科学的に人間関係を大幅に変える方法

できるビジネスマン必読!多岐に渡った
ビジネスのシーンに於いて、脳科学的に
人間関係を大幅に変える方法・・・

人間関係 ビジネスマン

今、脳科学的な人間関係などといきなり
言われてもピンと来ないとは思いますが

この考えを提唱しています石川先生から
メソッドを学んだ人は

パフォーマンスが向上し
仕事で成果を出せ、

夢や願望実現のスピードが2倍、3倍
になったと言いますが、

中でも多くの方が
「人間関係が大幅に変わった」
^^^^^^^^^^^^^^
と口を揃えたようにおっしゃいます


      スポンサードリンク

上司に怒られたり、顔も見たくない人が
いたり、嫌味や嫉妬を投げかけられたり

ビジネスマンでは無くっても、人間関係
の悩みは尽きることがありません

嫌だと思って、職場を変えてみても、
結局は嫌な人ができてしまう……

職場や周りに嫌な人がいて、ストレスが
溜まって苦しい思いをされていると言う
方もいらっしゃるかと思います

なんとしてでも
早急に解決したいものですよね

苦手な人と対峙している時には、
ストレスを感じ、身体の中で様々な変化
^^^^^^^^^^^^^^^^^^
が引き起こされます

^^^^^^^^^

例えばストレスを感じた時に分泌される
神経伝達物質、コルチゾール

コルチゾールが分泌されると記憶を司る
海馬と言う物が委縮してしまい、記憶力
や処理能力が低下します

さらに慢性的に過剰に分泌され続けると、
精神疾病や睡眠障害、糖尿病、肥満症に
つながります

感情的にも負のスパイラルに入り、
脳内でそのパターンが記憶され、
その失敗パターンがより強固なものに
なっていきます

そうなると、そのパターンから抜け出す
と言う事が更に困難になっていくのです

石川先生は、
失敗の状態に入っている時は、
無自覚で「失敗人格」が現れている。
^^^^^^^^^^^^^^^^^
と言います

一方、
良好な人間関係の人といる時や、
好きな人といる時は、「成功人格」で
人に接することができています

では、どうすれば
「成功人格」にスイッチングして、
周囲と良い人間関係を築き、
ストレスのない生活を送る事ができる!
と言うようになるのか?

脳科学的な背景も踏まえ、失敗パターン
を断絶し

成功人格に切り替える方法を石川先生が
無料で直伝してくれます

▼脳科学的に「成功人格」を手に入れて
 人間関係を改善する方法はこちらから

WEB: 脳科学実践講座

※大好評!4000人が体験中の使える
 脳科学実践講座です

※ただし、5月11日(木)23:59までです


      スポンサードリンク





オーストラリアドル